高松高等学院の日記(Clark-Takamatsu)

クラーク高校高松キャンパス 高松高等学院のブログです

ハロウィンのおはなし

明日はハロウィンです。

この時期、街はハロウィンの飾りつけでいっぱいですね。

ハロウィンは毎年10月31日に行われますが、実はどういうものなのかよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

 

ハロウィンは、キリスト教の記念日「万聖節」の前夜祭で、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭りです。古代ケルト民族の風習が起源とされています。

古代ケルトでは、11月1日が新年で、その前夜に祖先の霊が訪れると信じられていました。

日本でいうお盆のようなもので、死者の魂がこの世に戻ってくると考えられており、この時期にお墓参りをしたり亡くなった人に祈りを捧げたりしています。

 

けれども、この日には死者の魂と一緒に悪霊や魔物がこの世にやってきてあの世に連れていこうとするのです。

人々は、仮面をかぶりお化けの格好をすることで、悪霊や魔物の仲間だと思わせます。

そうすれば襲われることはありませんし、魂を取られることもありません。また、魔よけのための焚火もたきます。

こうすることで、この世に来た魔物たちを追い払っていました。

 

アメリカではクリスマスに次ぐ大イベントで、街にはハロウィンの飾りつけがされて魔女やゴーストに仮装した子どもたちが出歩きます。その時に子どもたちが口にするのが

 

Trick or treat」(トリックオアトリート)

 

です。

Trick=悪だくみ、いたずら

Treat=招待する、接待する、ごちそうする という意味なので

 

Trick or treat」=「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」です。

 

です。これに対して近所の家々の人は、

「Happy Halloween」や「Treat!(はいどうぞ)」

と答えて、子どもたちにお菓子を渡します。

 

ちなみに、現地で「Trick or treat」と言われたのに断った場合は、本当にいたずらされます。

玄関に卵を投げつけたり、庭の期にトイレットペーパーを巻き付けるなど、かわいいレベルからぎょっとするレベルまで…

いたずらされる覚悟のない人は、お菓子を用意しておいた方がよさそうですね。 

 

また、ジャック・オー・ランタンと呼ばれるかぼちゃをくりぬいて作った明かりをも有名です。

家の戸口に置いたジャック・オー・ランタンを頼りに精霊が集まり、悪霊が退散すると言われています。

かぼちゃをくりぬいて、ランタンを作ってみるのも楽しいかもしれませんね。 

 

f:id:Clark-Takamatsu:20191019233556j:plain

 

f:id:Clark-Takamatsu:20191028173136j:plain