高松高等学院の日記

学校法人穴吹学園は来春通信制高校を新設予定です(認可手続中)

寒露(かんろ)のおはなし

10月8日(金)は寒露(かんろ)です。

 

二十四節季のひとつで、秋の長雨が終わり、草木に冷たい梅雨が宿りはじめる頃を指します。

朝晩は急に冷え込んで、びっくりすることもありますね。

紅葉が色濃くなり、雁やオオハクチョウなどの渡り鳥が飛来し始めます。

近所のため池を見ると、水鳥が増えているはずですよ~

 

寒露の頃には、キンモクセイの花が咲きます。

登下校の時など、どこからともなくよい香りがしてきますね。

キンモクセイは中国ではお茶やお酒、お菓子などの香りづけにも用いられています。

 

この週末にはそろそろ冬物の準備をしておきたいですね。

気温差が大きいので、体調にも気をつけましょう。

 

f:id:Clark-Takamatsu:20201007131304p:plain