高松高等学院の日記

クラーク高校高松キャンパス (Clark-Takamatsu)

明日は「雨水(うすい)」です

あす2月19日(水)は、日本の二十四節季の「雨水(うすい)」です。

空から降る雪が雨に変わり、氷が解けて水になるという意味で、立秋からさらに春の訪れを感じるようになり、古くは農耕の準備を始めるめやすとされてきました。

 

今年の冬はあまり寒くありませんでしたが、三寒四温を経て、季節は春へと向かっていきます。

三寒四温(さんかんしおん)=寒い日が3日続いた後、暖かい日が4日続く。これを繰り返しながら冬から春へと変わっていく気候を表す言葉。

 

春一番が吹くのも雨水の頃となります。本格的な春はまだ先で、大雪が降ることもあるので油断できません。

春一番北日本と沖縄を除く地域で発表される。立春から春分までの間に、日本海で低気圧が発生し、広い範囲で始めて吹く、暖かくやや強い南寄りの風のこと。

 

天気予報を確認して、風を通しにくい上着を選ぶなど、気温や風の強さで服装の調整をしたいですね!

 

f:id:Clark-Takamatsu:20200129143959p:plain

f:id:Clark-Takamatsu:20190414221700j:plain