高松高等学院の日記

学校法人穴吹学園は来春通信制高校を新設予定です(認可手続中)

梅雨のおはなし

奄美地方は5月14日、沖縄地方は16日に梅雨入りしたと見られています。

香川県の平年の梅雨入り時期は6月5日ごろ。今日のようにカラッと晴れて過ごしやすい天候もあと半月ほどのようですね。

 

梅雨は日本だけでなく、朝鮮半島南部、台湾や東アジアの広範囲において見られる特有の気象現象。春から夏に移行する時期、曇りや雨が多く日照が少なくなる時期のことを指します。

ちなみに日本国内でも北海道と小笠原諸島には梅雨はありません。

 

梅雨の時期は洗濯物が乾かなかったりジメジメしたり、大雨が続くと災害が起きたりとあまり嬉しくない時期ですが、農作物の生長のためには欠かせないものでもありますね。

 

f:id:Clark-Takamatsu:20190517114803j:plain

 

 

 

ところで気象庁は今年の夏はエルニーニョ現象を確認しており、北日本と西日本では気温が低い夏になると予想しています。

 

昨夏は大変な猛暑で、台風や記録的な集中豪雨により西日本の各地で大きな被害がありました。

今夏はエルニーニョ現象の影響で猛暑にはならず平年並みの夏になりそうですが、梅雨終わりの時期の大雨や夏の激しい雷雨などに注意が必要です。

 

香川県の平年の梅雨明け時期は7月18日ごろ。

1ヶ月以上続く梅雨の時期ですが、雨などに対する備えをしつつ、工夫して快適に過ごしたいですね。